オールハウス株式会社 > オールハウス株式会社の広島不動産コラム一覧 > 建売住宅でも地鎮祭は必要?代わりにできる祭祀をご紹介

建売住宅でも地鎮祭は必要?代わりにできる祭祀をご紹介

建売住宅でも地鎮祭は必要?代わりにできる祭祀をご紹介

一般的に、建物を建てる際は工事の前に地鎮祭をおこなうケースが多いです。
地鎮祭をおこなう際は施主が中心となって進めますが、建売住宅を購入した場合も必要なのでしょうか。
そこで今回は、地鎮祭とは何か、建売住宅を購入した場合でも必要なのか、地鎮祭の代わりにできる祭祀についてご紹介します。

オールハウスへのお問い合わせはこちら


建売住宅の購入前に確認!地鎮祭とは?

地鎮祭は、土地に宿るとされる神さまに土地を利用する許しを得るための祭祀です。
住宅を建てる際には、工事が無事に終わることを関係者全員で祈念する儀式となっています。
通常、工事の施主が主催し、神主さんを呼んで祝詞をあげてもらう場合が多いです。
地鎮祭では、お供え物や参列者をお祓いし、神さまをお迎えしてお供え物を供え、神主さんが祝詞を奏上し、お米を散供して苅初や穿初をおこない、土地に鎮物を埋納して玉串拝礼をおこないます。
最後にはお供え物を下げ、神さまに御座所にお帰りいただく儀式をおこない、地鎮祭そのものは終了です。
地域によって流れやお供え物の内容が異なるため、付近の神社と相談しながらおこなうと良いでしょう。

▼この記事も読まれています
実家じまいとはどんな方法で何をすること?老後の暮らしに必要な事前準備とは

建売住宅の購入時も地鎮祭は必要?

建売住宅の場合、住宅の購入者主導での地鎮祭はほとんどおこなわれません。
建物が完成してから購入することが一般的であり、完成前に購入した場合でもとくに祭祀をおこなうケースは少ないでしょう。
建築会社が地鎮祭を実施する場合は、建物の棟ごとではなく分譲地全体を対象にすることが一般的です。
また、建築前に地鎮祭がおこなわれていなかった場合でも、着工後に改めて地鎮祭をおこなうことはできません。
このような祭祀は、気持ちの面で区切りをつけるためにおこなわれるものであり、必ずしも実施が必要なわけではありませんが、気になる場合は代わりの祭祀をおこなうと良いでしょう。

▼この記事も読まれています
土地の分筆における最低敷地面積とは?面積の調べ方や注意点についても解説

建売住宅で地鎮祭の代わりにできる祭祀

地鎮祭をおこなっていない場合、後から地鎮祭をやり直すことはできませんが、別の祭祀をおこなって改めて工事の無事を祈念できます。
建物の土台が完成して棟上げまで終わっている場合は、上棟祭と呼ばれる祭祀が可能です。
ただし、上棟祭も建売住宅の場合はおこなわないことが多いため注意しましょう。
工事が完了し、建物が完成している場合は、工事が無事に終わったことを感謝する竣工祭をおこないます。
竣工祭は地鎮祭とセットでおこなわれることもありますが、単独で実施しても問題ありません。

▼この記事も読まれています
市街化区域とは?概要やメリット・デメリットを解説

建売住宅で地鎮祭の代わりにできる祭祀

まとめ

地鎮祭は工事の無事を祈念するための祭祀ですが、建売住宅の場合はおこなわないケースが多いです。
どうしても何らかの祭祀をおこなっておきたい場合は、上棟祭や竣工祭を代わりにすると良いでしょう。
祭祀を実施する場合は、建築会社や神社と相談して、日取りや流れを決めることをおすすめします。
広島市の不動産情報(戸建て・土地)はオールハウス株式会社へ。
広島市でマイホーム購入をお考えなら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

オールハウスへのお問い合わせはこちら


オールハウスの写真

オールハウス メディア編集部

広島市で不動産を探すならオールハウス株式会社におまかせください!戸建てや土地、マンションなど、幅広い物件情報を取り扱っております。ブログでも不動産購入・売却に関連した記事をご提供します。


≪ 前へ|マンションの外廊下・内廊下とは?メリットや向いている方の特徴を解説   記事一覧   中古マンションのスケルトンリフォームは可能?メリット・費用も解説!|次へ ≫

トップへ戻る