オールハウス株式会社 > オールハウス株式会社の広島不動産コラム一覧 > 新築住宅に神棚は必要?設置に適した場所や注意点もご紹介

新築住宅に神棚は必要?設置に適した場所や注意点もご紹介

新築住宅に神棚は必要?設置に適した場所や注意点もご紹介

新築住宅を建てるときには、部屋の間取りを決めるだけではなく、部屋に設置する設備などを決める作業もおこないます。
このときに設置するかどうかで悩む方が多いのが、家族の健康や商売繁盛などを願って神様を祀る「神棚」です。
今回は新築住宅に神棚は必要なのか解説し、神棚を設置するおすすめの場所や、設置する際の注意点をご紹介します。

オールハウスへのお問い合わせはこちら


新築住宅に神棚は必要なのか

神棚とは、家族の健康や繁栄、あるいは商売繁盛などを願って神様を祭り、祈りを捧げる場所です。
新築住宅の建築にあわせて神棚を設置する方もいますが、神棚は必ずしも設置をしなければいけないものではありません。
普段からお祈りをする習慣がない方や、手入れをするのが面倒に感じる方は、神棚を設置しないほうが無難と言えるでしょう。

▼この記事も読まれています
ユニットハウスとは?購入した際のメリットとデメリットについて解説!

新築住宅に神棚を設置するおすすめの場所

神棚を設置する場所として意識すると良いのは「方角」「場所」「高さ」の3点です。
まず方角ですが、神棚はなるべく南向きか、もしくは東向きに設置すると良いとされています。
場所は明るく風通しの良いところや、家族がお参りをしやすいところが好ましく、一般的には和室や客間、リビングなどに設置することが多いです。
高さとしては、大人の目線よりも高い位置に設置するように意識しましょう。
間取りの都合上、南向きや東向きに神棚を設置できない場合は、その他のポイントを満たす場所に設置するのがおすすめです。

▼この記事も読まれています
建売住宅を買う方必見!建売住宅の物件が安い理由を3つご紹介!

新築住宅に神棚を設置する際の注意点

新築住宅に神棚を設置する場合の注意点として覚えておきたいのは、神棚と仏壇が向き合うように設置してはいけないとされている点です。
同じ部屋に神棚と仏壇の両方を設置する場合は、どちらも同じ方角を向くように設置することをおすすめします。
そのほかにも、暗く閉塞感のある場所や、トイレやお風呂の近くといった神様が汚れてしまう場所にも、神棚を設置しないほうが良いです。
また、神様の上には何もない状態を作る必要があるため、上に通路・生活空間がある場所を避けて設置することも、新築住宅に神棚を設置する際の注意点のひとつです。

▼この記事も読まれています
不動産の購入で仲介業者の途中変更はできる?注意点についても解説!

新築住宅に神棚を設置する際の注意点

まとめ

新築住宅の建築に合わせて神棚を設置する方もいますが、神棚は必ずしも必要なものとは言えません。
神棚を設置するときは「方角」「場所」「高さ」の3点を意識して場所を決めましょう。
仏壇と向き合わせて設置しないこと、神様が汚れる場所や下になる場所に設置しないことなどが、新築住宅に神棚を設置するときの注意点です。
広島市の不動産情報(戸建て・土地)はオールハウス株式会社へ。
広島市でマイホーム購入をお考えなら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

オールハウスへのお問い合わせはこちら


オールハウスの写真

オールハウス メディア編集部

広島市で不動産を探すならオールハウス株式会社におまかせください!戸建てや土地、マンションなど、幅広い物件情報を取り扱っております。ブログでも不動産購入・売却に関連した記事をご提供します。


≪ 前へ|子育てエコホーム支援事業とは?補助金の額や適用条件をご紹介   記事一覧   中古マンションを40代で購入するメリットとは?物件の選び方も解説|次へ ≫

トップへ戻る