オールハウス株式会社 > オールハウス株式会社の広島不動産コラム一覧 > 平屋と2階建て住宅のメリット・デメリットは?特徴をご紹介

平屋と2階建て住宅のメリット・デメリットは?特徴をご紹介

平屋と2階建て住宅のメリット・デメリットは?特徴をご紹介

一戸建て住宅を建てる際は、平屋と2階建て以上の住宅の選択肢があります。
どちらの住宅にも生活するうえでの強みがあり、同時に不便な部分もあるため、注意しなければなりません。
今回は、平屋と2階建て住宅が持つメリットとデメリット、それぞれの住宅に向いている方の条件についてご紹介します。

オールハウスへのお問い合わせはこちら


平屋のメリットとデメリット

平屋とは、1階部分のみで、2階以上の階層がない平らな構造の住宅です。
すべての間取りがワンフロアに収まるため、生活動線がコンパクトにまとまるメリットがあります。
上下の移動がないので、小さな子どもや高齢者の方でも暮らしやすいです。
また、高さがない分、地震などによる揺れの影響をあまり受けないため、安心して生活できます。
一方のデメリットは、広い土地がないと建てるのが難しく、その分の固定資産税がかかることです。
さらに、横に広い建物は風とおしを確保しにくく、中心に行くほど日当たりが悪くなるため、湿気がこもりやすい傾向にあります。

▼この記事も読まれています
ユニットハウスとは?購入した際のメリットとデメリットについて解説!

2階建て住宅のメリットとデメリット

2階建て以上の階層を持つ住宅は、狭い土地でも比較的、床面積と部屋数を確保しやすい傾向にあります。
居室やリビングを2階に設置すれば、道路からの人目を避けられ、プライベートな空間を確保できるのがメリットです。
平屋と比べて、基礎部分や屋根が少なくて済むため、建築のコストもかかりません。
一方のデメリットは、階段の上り下りが必要になるため、移動が大変なことです。
若いうちはそこまで苦にならなくとも、高齢になると足腰へのダメージが大きくなります。
また、子どもが独立したあとは、上の階層が無駄なスペースになってしまうケースも多いです。
高さがある分、外壁や屋根のメンテナンスでしっかり足場を組む必要があるため、住宅の維持にコストがかかります。

▼この記事も読まれています
建売住宅を買う方必見!建売住宅の物件が安い理由を3つご紹介!

平屋と2階建て住宅それぞれに向いている方

平屋に向いているのは、転落の危険がある小さな子どもや、階段の上り下りが大変な高齢者の方がいる家庭です。
また、土地が広ければ1部屋を広めにできるため、ゆったりとしたスペースで生活したい方にも向いています。
一方、2階建て以上の階層がある住宅に向いているのは、家族間でもプライバシーを確保したい家庭です。
居室がある階層を親と子どもで分ければ、思春期の子どもがいても、プライベートな空間を用意してあげられます。
さらに、1階部分を親世帯の居住区画にすれば、二世帯住宅にすることも可能です。
土地が狭くても建築できるため、土地代や建築コストを安く抑えたい方にも向いています。

▼この記事も読まれています
不動産の購入で仲介業者の途中変更はできる?注意点についても解説!

平屋と2階建て住宅それぞれに向いている方

まとめ

平屋は、生活動線がシンプルでコンパクトにまとまりますが、広い土地がないと建てられません。
2階建て以上の住宅は狭い土地でも建てられ、プライベートな空間を確保できますが、階段の上り下りがネックです。
家族構成や将来設計によっても向いている住宅は異なるため、ライフステージや生活スタイルに合わせて家を選びましょう。
広島市の不動産情報(戸建て・土地)はオールハウス株式会社へ。
広島市でマイホーム購入をお考えなら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

オールハウスへのお問い合わせはこちら


オールハウスの写真

オールハウス メディア編集部

広島市で不動産を探すならオールハウス株式会社におまかせください!戸建てや土地、マンションなど、幅広い物件情報を取り扱っております。ブログでも不動産購入・売却に関連した記事をご提供します。


≪ 前へ|資産価値が落ちないマンションを選ぶ重要性とは?特徴や調べ方を解説   記事一覧

トップへ戻る